学習会〜野菜料理のコツ〜

  • 2010/05/30(日) 22:22:48

今日は秋田市にて、「野菜ソムリエコミュニティあきた」の学習会(2回目)が開催されました。

今回は、仙台市より野菜ソムリエ講座 クッカリー担当の先生であります松崎良男先生をお迎えし、「野菜料理のコツ」についてお話してくださいました。松崎先生、本当に貴重なお話ありがとうございました。




余談ですが・・・

仙台市に住んでいる私の知人に(お仕事のことも含めご相談している方がいましてね・・・)松崎先生のお話をしましたら、「あー、松崎さんのお店に何度も足を運んだことがあってね。本当に料理は美味しいし面白いし、楽しい時間だったでしょ?」という話題になりました。

確かに!!最初は緊張して先生のお話を聞いておりましたが、目からウロコな話題であったり、シェフとしての心構えに触れることができて時間があっという間に過ぎていきました。

野菜料理のコツについてのお話なのに、用意されているのは・・・

卵とパイナップル・・・

パイナップルはまだしも、なぜ?卵と思ってしまった私。

そこには先生のメッセージが。


料理は温度が大切!!


野菜と卵って関係性がないと思われがちだけど、実は違う!!気付いて欲しいのはここなんです!!と。

卵は、58度で黄身が固まり72度で白身が固まる温度です。この原理を理解したうえで、ラーメン屋さんで出しているほどよい固さの煮卵であったり温泉卵を作ることができるのですね。

シンプルなことだからこそ、奥が深いですね。

参加された皆さんで先生のご指導のもと煮卵と温泉卵を作ってみることに。




煮卵は、

? 沸騰したお湯とお酢、塩を加えて一気に卵を入れます。そのときに冷蔵庫からすぐ出した卵なのか、常温に戻した卵なのかでも差が出てくるそうですよ。

? ゆっくりかき混ぜながら8分間煮ます。(かき混ぜるのは黄身が真ん中にいくため)

? その後、流水で冷やし漬けておく。

? 殻をむき、だし汁に漬けこんでおく。

? そして、美味しくいただく(笑)

作ることにあたって、鍋の大きさや量なども微妙に変わってくるそうです。基本を踏まえたうえで何度も作ってみてくださいと先生はおしゃっていました。




こちらは、温泉卵を作っていい出来でしたので先生の満面の笑みをいただくことができました。

その後、パイナップルのカッティングを披露してくださいました。
先生の手にかかれば、パイナップルもこのように変身いたしました。




あー、ステキ!!ステキすぎます。

デジカメを持参した方々は全員写真を撮っておりました。食べるのがもったいないくらいでした。

料理はアイディア


料理にまごころ


そして、本物を知って実践してみることが料理の幅が広がり楽しく食べることができるのでは?と先生はお話されていました。

「白い皿はキャンパスである」


いい言葉だなぁと感激したのでありました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

野菜ソムリエコニュニティあきた学習会〜野菜料理のコツ〜

 昨日の午前中に、山本郡三種町で「じゅんさい摘み」を楽しんだ後に急いで秋田市の戻

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/10/21(金) 22:25:41

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/10/28(金) 07:40:21

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/12/14(水) 05:18:15

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/12/17(土) 00:47:54

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/04/05(木) 02:23:06

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/07/23(月) 06:59:28

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する