春の訪れ

  • 2008/02/29(金) 22:19:08

20080229221907
二月も終わりに近付き、雪国秋田の日差しにも、
ようやく春の兆しが感じられるようになってきました。

私の春は、やはり口の中にやってきます(笑)
春を感じる味覚と言えば、桜鯛、桜エビ、
春の七草、春キャベツなどたくさんありますが、
私に春一番を運んでくるのは「バッケ」です。

バッケとは秋田の方言でフキノトウのこと。
ところによっては「パンケ」とも呼ぶそうです。

バッケはフキの花芽のことで、
雪がとけて土が表れると一番に顔を出します。

数カ月ぶりの土の感触と匂いを感じながらのバッケ採り。
この喜びは長く雪に閉ざされる地域に暮らす人間でなければ味わえないものでしょう。

南西向きのここは雪解けが早いです。


さて収穫を味わった後は「口福」も味わいたいもの。
一般にフキノトウはフキノトウ味噌や天ぷらなどにしますが、
今回私は新たな食べ方を見つけました。

私の住む秋田県南地方では鯉を食べる習慣があり、
「鯉のたたき」は私の大好物!
そのたたきには薬味に刻みネギが必ず入りますが、
このネギをフキノトウの微塵切りに変えます。
たったこれだけ(笑)

ところが、これだけでいつもの鯉たたきが
まったく別の食べ物に変わります!

どちらかと言うと田舎臭い鯉たたきが、
いきなり洗練された一品となるのです。
日本酒がほしくなるのは言うまでもありません(笑)
騙されたと思ってお試しを!

ちなみにフキノトウは脂の乗った魚の刺身にもとても合いますよ。
(^-^)v
(かとうまさや)

地産地消勉強会・報告です

  • 2008/02/25(月) 21:24:16

「雪の下にんじん」の味見もしました!


さる2月20日午後7時より秋田市の遊学舎において
VFCあきた定例会、地産地消勉強会を開催しました。

今回はいつものメンバーに加え、
先日の合格発表で晴れて秋田第一期ジュニアマイスターとなられた
方々からも参加を頂きました。

さて勉強会には、秋田県立大学教授で
「地産地消を進める会」代表でもある
谷口吉光氏をお迎えし、ご講演頂きました。

秋田県が今直面している食と農にまつわる問題、
市民運動としての地産地消運動の今後の展望など
目からウロコが落ちる思いのお話でした。

私たちも自分たちの使命と目的をしっかり見据えていきたいと思います!
(報告者:かとうまさや)

地産地消の店「農家小屋」開店!

  • 2008/02/15(金) 09:57:04

20080215095703
私の住む横手では今日から「かまくら祭り」です。
そこで、今日一晩だけ、自宅でお店をすることにしました!

その名も、「地産地消の店『農家小屋』」。

地元農家や手工芸品作家の作品、
あたたかい食べもの・飲みものなどを提供します。

メニューには「農家手作り餅の雑煮」
「雪の下大根のおでん」
(画像はその大根を掘っているところ)
「エゴマ味噌タレ餅」
「増田のホットりんごジュース」などなど。

東成瀬村の養鶏家・農家の杉山彰さんによるミニライブも予定!

ぜひお立ち寄り下さい!
(^-^)v
かとうまさや

祝・秋田産の野菜ソムリエ誕生!

  • 2008/02/09(土) 04:29:50

11月に秋田県で初のジュニアマイスター講座が開かれ、
40名ほどの方が受講されたことは
このblogでもお伝えしましたが、
先日、その試験結果の通知が各受講者の方に届いたそうです。

合格された方、おめでとうございます!
記念すべき秋田1期の野菜ソムリエとなられたみなさん、
私たちVFCあきたのメンバーともども
秋田を野菜とくだもので元気にするよう
がんばっていきましょう!

2月20日(水)午後7時から秋田市遊学舎では
VFCあきた主催の
地産地消の勉強会を開催しています。
ぜひいらしてみて下さいね!